それでも僕はスムージーを選ぶ

人気記事ランキング

ホーム > > 思い出のラーメン

思い出のラーメン


私は社会人になって関東に行くまで、
指で数えるほどしかラーメン屋に行ったことがありませんでした。

関西のラーメン屋のラーメンがそれほど美味しいとも思えず、
外で高い金払って食べるくらいなら、
ちょっといい袋麺をアレンジした方が美味しい、とすら思っていました。

しかし、関東に就職して、ラーメン好きの上司に連れられて行った、
職場近くのラーメンを食べて、私のラーメン観は、コペルニクス的転回を起こします。

まず、関西のラーメンのように、スープが透き通っていないことに驚きました。

それどころか脂で白濁して、なんともいえない不健康な、
しかし甘美な香りを放っています。

そこの店はメンマの代わりにタケノコの煮物を使っており、
それがまた何ともいえずラーメンと合うのです。

上司はこの美味しいラーメン屋に、
私が悩んだり、壁にぶち当たっている時に、
何も言わないまま私を連れて行き、
「どうした?」と聞いてくれたものです。

私にとってこのラーメン屋のラーメンは上司と食べた涙あり笑いありの、
ある種青春のラーメンなのです。

PR/エピレ 新浦安